レスポンシブ

スポンサーリンク

保育園・託児所

さくらインターナショナル京都校の見学&体験入校レポート!関西国際学園の乳幼児部クラスです

投稿日:2017年1月27日 更新日:

京都に引っ越しする前、実はさくらインターナショナル京都校を見学させていただいたことがありました。急なお願いだったのですが対応していただき、結果、非常に感銘を受けたのですが、まだ歩けない子どもが入れるクラスは週2回朝40分だけの、親子クラス(能力開発クラス)のみ・・・。平日5日間の保育を希望していた私には合わず、断念したのでした。最近歩けるようになったことと、HOPPAが入っているホテルが耐震工事中で自宅保育を推奨しますとのことでしたので、このタイミングで体験入校と見学をさせていただきました!

 

スケジュール

  1. アンケート用紙の記入 8:50~
  2. 能力開発クラス(トドラークラス)体験 9:00~
  3. 幼稚園部(K1、K2、K3)の見学 9:50~
  4. 乳幼児部の見学(テディベアクラス、マーメイドクラス)10:10~
  5. 説明&質疑応答 10:30~

 

アンケート用紙の記入

能力開発クラスが9:00スタートで、開始10分前にお越しくださいと言われていました。15分ほど前に到着し、インターホンでオートロックを解除していただき中に入りました。小さめの会議室のようなところに通され、最初にアンケート用紙に記入します。名前や住所などの個人情報に加えて、希望のコースや日数、どうやってこの園の存在を知ったか、育児において大切にしている方針は何か、のような質問もありました。

 

能力開発クラス(トドラークラス)体験

9:00になると、体験入校が始まりました。生後10ヶ月~2歳までの保護者同伴の親子クラスです。私のほかには2組の親子が来ていて、もう1組体験入校の方が後から参加し、4組の親子で能力開発クラスがスタートしました。

最初は先生がタブレットを操作していくつか英語の歌を流して、それに合わせて手で動きをつけながら歌ってくださいました。この歌が上手でびっくり!しかも英語の歌も早い早い・・・ちょっと聞いたら口ずさめるかなと思ってましたがぜんぜん無理でした。先生の動きに合わせて手を動かしながら子どもの様子を見ていましたが、この時はおとなしく私のひざに座って聞いていました。

そのほかはフラッシュカードがあったり、何枚かカードを見せてピコピコハンマーでたたいたり、参加型のレッスンが続きます。みんなおとなしく見て(聞いて)いましたが、私の子どもはあちこち歩き回って座ってみたりおもちゃで遊んだりポスターを触ったり、とにかく動き回っていました。しばらく好きにさせて、その後何度かサークルに戻すのですが、そのたびに移動してしまって・・・。本来まだ歩かない子のクラスなので仕方ないといえば仕方ないのですが、集中力ないのかなっと思ってしまいました。

 

クラススケジュール

能力開発クラス(マタニティ・ベビークラス)スケジュール(2017/1時点サイト掲載のもの)

9:00 ~ 9:10 ウォームアップタイム
9:10 ~ 9:25 チャンツ・カードなど
9:25 ~ 9:40 Babyヨガ・Babyサインなど

 

能力開発クラス(トドラークラス)スケジュール(2017/1時点サイト掲載のもの)

9:00 ~ 9:10 ミニサークルタイム
9:10 ~ 9:25 チャンツ
9:25 ~ 9:40 カード・ベビーヨガなど

 

幼稚園部(K1、K2、K3)の見学

幼稚園部は2階にあり、年少クラスから見学しました。年少クラスとはいえ、先生は普通に英語を話してるのでクラスの雰囲気自体がもう異国で、私は単純にすごいな~って思ってしまいました。クラフトの作品なども展示されていて、ほほえましいです。私の子どもはクラフトが大好きなので聞いてみたところ、けっこうクラフトの頻度が高かったのでいいなぁと思いました。ここではウロウロして、棚の中にしまいこまれていたおもちゃ?のようなものを見つけ出し遊びはじめ・・でも副担任の先生がやってきてかまってくださいました。授業の邪魔をして申し訳ないと思っていましたが、好奇心旺盛でとてもいい!とほめてくれました(笑)

年中クラスではコの字型になって先生のレッスンをきいて、生徒が順番に答えるような形式でやっているところでした。私の子どもはウロウロしたあげく、コの字型のはじっこに立ち、まるで参加しているかのように先生の話を聞いていました。授業の邪魔をしたらすぐ連れ戻そうと構えていましたが、みんなが笑って受け入れてくださったので良かったです。

年長クラスはさすがのレベルの高さでした。子どもたち同士で英語のコミュニケーションが成立していました。私の子どもはまた列にならんで参加し、今度は発言までしてしまったのですが(まだ何言ってるかわからない宇宙語)、年長さんたちはとても面倒見がいいのか?ニコニコしてかまってくれました。とにかく動き回ってしまうので、見学するのも一苦労だったのですが、授業の邪魔をせずに済んで本当に良かったです。キンダークラスと乳幼児部は絡むことがあるのかもしれませんね。みんな小さい子に慣れている感じがしました。

 

乳幼児部(テディベア&マーメイドクラス)の見学

テディベアクラスは、さっき受けた能力開発クラスでやったことの延長線上という感じでした。今度は歩ける子ばかりのはずですが、みんなきちんといすに座って先生の方を集中して見ています。その様子に衝撃を受けました。月齢変わらないはずなのに・・・保育園によってこんなに違うんだ!ここでは床にバラバラに座るということはないのかもしれません。いすにもちゃんと個人の名前が書いてありましたし。

マーメイドクラスもいすに座って先生のお話を聞いています。ちゃんと先生に指名された子が前に行って、オーダーにこたえています。マーメイドクラスの部屋には日本の本屋で見たことのないサイズの英語の絵本がたくさん置いてありました。本の読み聞かせもたくさんやっているのだろうなと思いました。

小さな子どもたちがいすに整然と座って授業を受けていて、その背中しか見えなかったのですが、ちょっと移動してみるとみんな真剣だったり笑顔になったり、とても楽しんでいる様子でした。外遊びの時間も午前と午後にあり、その動と静の差がなんだか良さそうでした。

 

テディベア&マーメイドクラススケジュール(2017/1時点サイト掲載のもの)

10:00 ~ 10:40 Circle Time|サークルタイム
  - Phonics
  - Songs & Dance
  - BOI
  - Monthly Topic

10:40 ~ 10:50 Tea time and Toilet time|お茶休憩・トイレ休憩

10:50 ~ 11:30 Play time|お外遊び

11:30 ~ 12:30Lunch time|ランチ

12:30 ~ 13:00Individual time|自由遊び

13:00 ~ 13:30
  - Craft|工作
  - Video time|ビデオ

13:30 ~ 13:50 Japanese|日本語

13:50 ~ 14:00 Circle Time|終わりの会

▼ロングコース

14:00 ~ 16:00 Nap Time|お昼寝

16:00 ~ 16:30 Snack Time|おやつ

16:30 ~ 18:00 Individual time|自由遊び

ちなみに10時スタートになっていますがロングコースだと8時から10時の間に登園すれば良いそうです。

 

説明&質疑応答

最初に通された会議室に戻ってくるとまずは関西国際学園のDVDを見ます。乳幼児部から初等部(小学校)の話までありました。早期幼児教育の重要性の説明もありました。こちらは子どもに対して"教育"のつもりですが、子ども自身が楽しんでいろんな経験ができたらいいなと私は思っています。

そのあとは料金のことや年間カレンダーのことなど諸々の基本的な説明がありました。その後いくつか質問に答えていただきました。

Q. 親が参加するイベントはどのくらいあるか?

A. 年2回の懇談会がある。幼稚園部では3回。

Q. 食事について

A. 有料のお弁当サービスがある。廊下にメニューが貼り出してある。栄養士が考えたメニューで幼児食専門のケータリング。半数くらいの方が注文されている。食事前に保育士が1人1人にあった量に調節し、毎回食べきれるようにして達成感をもてるように取り組んでいる。

Q. 卒園後の進学先はどのようなところが多いか?

A. 京都は同志社小学校や立命館小学校、ノートルダム学院などが多い。遠いけど今年も関西国際学園の初等部へ進学する生徒も何人かいる。下記はパンフレットから抜粋。(ちょっと情報が古そうですが)

神戸大学発達科学部附属住吉小学校、京都教育大学附属小学校、神戸大学発達科学部附属明石小学校、高羽六甲アイランド小学校、島根大学教育学部附属小学校、須磨浦小学校、同志社小学校、立命館小学校、京都聖母学院小学校、大阪聖母学院小学校、同志社国際学院初等部、追手門学院小学校、ノートルダム学院小学校、近畿大学附属小学校、四條畷学園小学校、智辯学園奈良カレッジ小学部、甲子園学院小学校、仁川学院小学校、小林聖心女子学院小学校、甲南小学校、百合学院小学校、朝日塾小学校、城星学園小学校、帝塚山学院小学校、大阪信愛女学院小学校、関西学院小学校、関西大学初等部、愛徳学園小学校、ヨーロピアンスクール、京都インターナショナルユニバーシティ、マリスト国際学校、中華同文小学校、Osaka YMCA International Schoolなど

Q. 日々の運動について

A. 1日2回運動の時間がある。幼稚園部では希望する人には体操のクラスもある。

Q. 14時から昼寝は遅いのではないか?

A. だんだん慣れていく。眠そうになった子は、ちょっと外に出てみたり、歩いてみたりする。それでも眠そうだったらお布団で仮眠してもらう。そうやってやっていくうちに体力もついてきてリズムも整う。

Q. お昼寝布団は持ち込みか?

A. 持ち込み。毎週最終登園日に持ち帰っていただく。

Q. クラススケジュールにあるIndividual time(自由遊び)とは何か?

A. 基本的には外遊びの時間となっている。

Q. 毎月の支払方法

A. 銀行口座からの引き落とし。

Q. 習い事について

A. 幼稚園部から希望する人のみ習い事をすることができる。習い事はそれぞれに別途月謝が必要。体操のクラスやバイオリンのクラスなどがある。

Q. 遠足代について

A. 遠足も幼稚園から。毎月遠足に行くのでその遠足代が別途必要になる。

Q. 制服について

A. 制服も幼稚園から。乳幼児部は私服で通園。

 

授業料

テディベア・マーメイドクラス

コース 日数 授業料 入園料 年会費
0歳ロング 週5日の場合 99,750 80,000 20,000
0歳ショート 87,150
1、2歳ロング 80,300
1、2歳ショート 66,000

※入園金は時々無料キャンペーンをしています
※入学時にかかる教材費など別途徴収があります
※ロングコース(8時~18時)は週3日から、ショートコース(10時~14時)は週1日からあります(曜日選択可能)
※延長保育を利用すると朝は7:30から、夜は19時まで可能です。

 

アクセス

住所:〒615-8301 京都府京都市西京区桂徳大寺北町122

最寄りバス停情報(京都市バス)

  • 70系統 桂徳大寺
  • 73系統 上桂御正町
    ※いずれも徒歩2分程度

営業日

土日祝はイベント以外基本休み。年間カレンダーを見ると、かなりお休みが多いです。そうやって先生たちがお国へ帰るスケジュールをたてやすくすることで、働きやすい環境を作っているのかもしれません。預ける方としてはキツイですが・・・。12月と3月は7日間ほどしか預けられません。5日間追加できますが有料。この長期休暇の流れで1月と4月も最初の1週間はお休みです。でも、月額料金はいっしょ。うーん・・。

 

まとめ

やはり裕福なおうちの子が多いのか?有名私立小学校へ進学する人が多そうですね・・・うちは関係ありませんが・・・。まぁそれは正直今通っているHOPPAでもいっしょです。

学費でいうと、ほぼ同じですがサクラが少しだけ安いかな。でも幼稚園部からは、習い事によりますね。ただ、受験のために別の幼児塾などに通う必要はないそうです。

子どもの様子でいうと、不思議なことに、前回もそうだったのですがサクラへ来た日とその翌日はとてもよくしゃべるんです。今回は、ぐんと複雑な音を組み合わせて話すようになり、また翌日の保育園でも自分からお片付けをさっさとして、いすに座って先生を待つ、という現象がみられびっくりしました。なんか、影響を受けたのでしょうか。

全体的に先生たちの雰囲気も、子どもたちの雰囲気も良かったです。特に集中して遊んでいた(勉強していた)子どもたちが外遊びに行くときのワクワクした顔と躍動感!あと、一つ一つの教室がよく清掃されていて、広めだったことも・・・。そういうところがいいなと思いました。

英語漬けになることが心配と思われる方もいるかと思いますが、幼稚園部では「日本語の時間」というのが毎日あり、そこでちゃんと日本語の勉強もするそうです。また、アメリカ人にしたいわけじゃない、あくまでも日本人!というポリシーがあるので、童謡を聞いたり、節分など日本のイベントも大切に行うそうです。

レスポンシブ

スポンサーリンク

レスポンシブ

スポンサーリンク

ブログ村、ランキング

★最後まで読んでくれてありがとうございます★

京都の情報ならこちら にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

楽天

-保育園・託児所

Copyright© 京都で子育て実況ブログ , 2018 AllRights Reserved.