レスポンシブ

スポンサーリンク

観光地めぐり

嵐山「嵯峨野トロッコ電車」からの帰りは子連れでも楽しめる保津川下りがベスト!

投稿日:2017年2月10日 更新日:

紅葉の季節、せっかく京都に住んでいるので嵐山に行ってみようと思い立ちました。トロッコ電車なるものがあるのをテレビで見たばかりです。亀岡まで行って、そのあとはどうやって戻ってきたらいいの?検索してみると保津川下りという川下りを楽しみながら嵐山まで戻ってこられるらしいのです。これはぜひやってみたい!新婚旅行でもラフティングが相当楽しかった私たち。保津川下りは自分たちでは漕ぎませんが、行きはトロッコ電車、帰りは保津川下りプランが急に決まりました!

車でトロッコ嵯峨駅(JR嵯峨嵐山駅)へ

saga-arashiyama

車でトロッコ電車の始発駅であるトロッコ嵯峨駅(JR嵯峨嵐山駅)へ向かいました。嵐山は渡月橋のあたりは混んでいますが、嵯峨嵐山の方はシーズン中でもそんなに混んでいませんでした。近くの駐車場も空いていて難なく停めることができました。

 

嵯峨野トロッコ列車とは?

IMG00354

トロッコ列車について

ゆっくりゴトゴト走りながら、周囲の景色を楽しめる列車です。紅葉のシーズンが人気ですが、春は桜が、夏は深緑が、冬は雪景色が見られて実は1年中楽しむことができます。

車両にはリッチ号という窓ガラスがないオープンになっている列車と、ちょっとレトロな木製椅子のある車両があります。リッチ号はオープンエアなので外の空気ごと景色を楽しむことができますが、秋冬はとっても寒いです。レトロ車両の方には石炭ストーブが出され、暖かかったです。リッチ号は前もって予約することはできず、当日販売のみで、しかもトロッコ各駅窓口でしか購入できません。

トロッコ嵯峨駅を出発すると、トロッコ嵐山駅、トロッコ保津峡駅、トロッコ亀岡駅(終点)に停まります。片道約7.3kmをおよそ25分かけてゆっくりすすみます。特にきれいな景色がみられるスポットでは少しの間停車したり、ゆっくり走ったりして、楽しませてくれます。みんな片側の窓に集まって撮影大会でした。

トロッコ列車は全車指定席、全車禁煙です。ベビーカーは折りたたんで乗るように決められています。

 

乗車券について

IMG00366

JR西日本のみどりの窓口、トロッコ列車各駅窓口で購入することができます。

【個人】 大人 子ども
一般 620円 310円
第一種身障者割引(本人・介助者共) 310円 160円
第二種身障者割引(本人) 310円 160円

※6歳未満は大人1人につき1名まで無料です。席を利用する場合には子ども料金が必要です。
※12歳から大人料金です。

【団体】 大人 子ども
一般団体 4月・11月 560円 280円
上記以外の月 540円 270円
学生団体 4月・11月 500円 250円
上記以外の月 480円 240円

トロッコに乗ってから保津川下りをするというコースでまわる観光客はとても多いようですが、トロッコ列車と保津川下りのセット割引券というのはありません。割引はありませんが、トロッコ線の各駅窓口で「乗車券+乗船券+タクシー代」がセットになったものを購入することができます。タクシー代というのは、トロッコ線の終点であるトロッコ亀岡駅から、保津川下りの乗船場へ移動するためのタクシー代です。バスでも移動することができますが、今回は小さい子がいるのでタクシーを利用しました。

 

トロッコ亀岡駅~保津川下りの乗船場へ移動

port

トロッコ亀岡駅へ到着すると、スロープを出て左にある駐車場にタクシーが待機しているので、予約券を見せて乗車します。このタクシーがひどかったです・・・。タクシーの運転手さんではない、お客さんをさばく係の人がたばこを吸いながら話してくるんです。こっちは赤ちゃんを連れているのに!超至近距離で副流煙を浴びまくりました。あまりにもひどくて話ができないので注意したところ、すぐにやめてくれたので、思い切って言って良かったです。一流の観光地なのでまさかこんなことが起きるわけないとすっかり油断していましたが、やっぱり京都といってもいろいろあるんですね。

ちなみにタクシーだと移動は10分ほどですが、バスだと約20分かかります。トロッコ到着後、5分後にバスが出発するそうです。

 

ランチを食べる時間も場所もない!

ちょうどお昼時に川下りになる予定になったので、ランチのタイミングが心配でした。子どもは離乳食なのでどこでも大丈夫ですが、大人のランチはどうしたらいいのでしょうか。始発駅であるトロッコ嵯峨駅の窓口の人に聞いてみたところ、終点のトロッコ亀岡駅の近くにある馬堀駅にいくか、または乗船場でうどんなどが食べれますとのことでしたので、安心してトロッコ列車に乗り込みました。

ところがトロッコ亀岡駅につくと、さきほどのタバコをプカプカ吸いながら話す方がとにかく早くタクシーに乗せようとするんです。馬堀まで行って戻ってくるまで待たないし、乗船場ではなく馬堀に行くことも不可。今すぐ乗って乗船場に送る以外不可。結局窓口の人の案内は最初から実現できないものだったわけです。タクシーチケット買っているんですから、馬堀駅に行けないことはわかっていたはずなのに・・・。

仕方がないのでタクシーに乗り込み、乗船場の中にあるうどん屋さんに行くことにしました。ところが、タクシーの運転手さんはうどん屋なんかないというのです。えー!じゃあコンビニは?と聞くと、コンビニもないよ!と・・・。お昼を食べられそうなところはありますか?と聞くと何もないとのこと。窓口のお姉さんの案内は一体なんだったのでしょうか。結局コンビニはないけど乗船場には売店(笑)があることがわかり、なんだ良かったね!と言い合っていたら、コンビニって言われたら売店だと思わないから・・とブツブツ言っていました。なんだか、一流観光地とは思えない、不慣れな案内だったので驚きました。

けっこう大きな売店でしたが、結局ランチ的なものは買えませんでした。売られているのはほとんどお菓子で、パンも売り切れ。なので大人は川下りを終えてから遅いランチをとりました。

ところが!「観光地なのに、食事するところがないなんて何かおかしいなぁ」と思っていたら、これはちゃんと戦略だったんです!

 

京都で子育て実況ブログ

 

なんと川下りも終盤になったその時、一隻の船が近づいてきて暖かい食べ物や飲み物の販売を始めました。私たちはお茶やお菓子を持っていたので、途中で食べていましたが、ほかの方々は寒いしおなかもすいているので、どんどん注文していました。こういうことだったのか~と妙に納得してしまいました。海外でもよくありますよね!

 

保津川下りについて

IMG00438

約16kmを平均90分かけてゆっくり楽しめる川下りです。長い時間かかりますので、乗船中の飲食OK(お弁当・飲み物・おやつなど)です。ただし乗船後はトイレがありません。どの季節もそれぞれの良さを楽しめます。12月~3/9迄は冬期お座敷暖房船(ストーブ)にて運航しています。この期間は個人の方でも予約をとることができます。夏は日よけテントがつきます。

全体的に穏やかで船頭さんが一生懸命こいでくれてゆっくりすすむ感じです。川の流れが激しくなる部分もありますが、1歳の子どもが乗っても怖がるようなところはありません。

3歳以下は無料で乗ることができますが、ひざに乗せて抱っこの状態で過ごします。ベビーカーは折りたたんで船に積むことができます。

嵐山の渡月橋近くに着船します。

 

乗船料金、時刻表

IMG00391

保津川下りには3種類あります。

  1. 定期乗合船(3月10日~11月30日)
  2. 貸切船
  3. 冬期お座敷暖房船(運行期間:12月12日~3月9日)

1.定期乗合船(3月10日~11月30日)

【料金】大人 4,100円 子ども(4歳~小学生) 2,700円

【時刻表】

月~金 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:30
土日祝 不定期運行

※定員になり次第随時出船することがあります。
※12月1日~12月11日は9時、10時、11時、12時、13時までは同じですが14:30で終了です。
※雨天の場合でも、船にテントをはり通常運行します。

2.貸切船

一隻 82,000円

3.冬期お座敷暖房船(運行期間:12月12日~3月9日)

時刻表 10:00、11:30、13:00、14:30

椅子はなく絨毯敷きの上に直接座るスタイルになります。石油ストーブがはいり、透明なビニールで船全体を覆うので、あたたかい状態で雪景色の渓谷を楽しむことができます。

 

感想

boat-child紅葉の季節はあったかくしていけば子連れでも十分安全に楽しむことができました。乗船時間が約2時間と長いわりに、食事や飲み物が手に入らず不便なので、その準備をしていけばばっちりです。嵐山には美味しい食事処もたくさんありますから、それを楽しみにのんびり船に揺られて時間を過ごすのも良いと思います。船に乗ってしまったらあとは身を任せるしかないので、思いがけず癒しの時間となり本当に気持ちよかったです。1歳前半の子どもも大騒ぎすることもなく、初めて船に乗った感じを楽しんで、水面や紅葉やいろいろな景色を興味深そうに見つめていました。

レスポンシブ

スポンサーリンク

レスポンシブ

スポンサーリンク

ブログ村、ランキング

★最後まで読んでくれてありがとうございます★

京都の情報ならこちら にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

楽天

-観光地めぐり

Copyright© 京都で子育て実況ブログ , 2018 AllRights Reserved.