保育園でお絵かきしている子ども

レスポンシブ

スポンサーリンク

保育園・託児所

京都の保育園事情。0歳時の入園に挑戦!

投稿日:2016年10月22日 更新日:

京都に引っ越してきて、落ち着いたらすぐに京都駅前にある区役所に行き手続きです。転入届、児童手当の申請、小児医療費控除の手続き、予防接種の申請などなどを一気に行います。

 区役所で保育園について聞いてみたときの対応

0歳時の4月入園を逃していますので、ダメ元ではありますが保育園についても聞いてみることにしました。以前住んでいたところでは、担当の方によくよく相談にのってもらい、2次募集だったにも関わらず自宅最寄りの保育園に入れていただくことができました。今回も、相談に乗ってもらったら、もしかして何とかなるのでは・・・と若干甘い期待を胸に担当の窓口を教えてもらうと・・・フロアの一番、いちば~ん奥のスペースに窓口が設置されていました。心なしか空気が・・・。なんだかとっても静かです。でも、きっと働くママの味方になってもらえるはず!少なくとも話を聞いて理解を示してくださるはず!と思いながら声をかけました。

 

誰も来てくれません。すぐそこに人がいるのに!

 

もう一度すみませんと声をかけると、やっと一番近くの席の方が来てくださいました。「保育園の入園について相談したいのですが・・・」

 

「ああ、そうですか。もう空いてないですよ。」

 

おわり。

 

・・・え?

 

「あの、引っ越してきたばかりでどこにどんな保育園があるかとか、申し込みの仕組みとか何もわからないんですか・・・」

「入園申し込みの書類お渡しすればいいですか?」

「じゃあいただきます。無認可の保育園のリストはありますか?」

「ありません」

 

 

とっても悲しい気持ちになり、次いで怒りが沸き上がってきました。でも、まだ京都に住民税をおさめていない身。それになんかもう担当者の目が死んでるんです。とにかく早く帰ってくれという雰囲気がひしひしと伝わり、ここで相談にのってもらう気は失せたのでおとなしく帰りました。あとで聞いたところによると、そういう感じらしいです、残念ながら・・。以前住んでいた神奈川県相模原市は、街をあげてとってもとっても素晴らしい子育て支援体制を作っているので、あれと比べてはいけないのかもしれませんね。あのレベルを普通と思ってしまうと、今回のように頭にきてしまうんだと思います。

ちゃんと「相談にのってください」と言えば受付前の椅子にせめて座らせてくれたのかもしれません。そして話を聞いてくれたのかもしれませんが、やはり4月入園のタイミングのときに波に乗るのが一番のようです。また、渡された封筒に資料一式が入っているので(ただしマッピングされた地図はないので自分で住所を一つ一つ当たらないといけません)保育園の場所、教育内容、園庭の有無やカリキュラムや準備するもの、保護者会やイベントのことなど、自分で研究する必要があります。ある程度情報収集をしたら、見学に行き、それから申し込みをすることになります。うわさによると園庭解放日に何度も遊びに行った方がいいとか。

 自力で無認可保育園を探そう

結論は「自力で無認可保育園を探し子供を預けて仕事をがんばる!」になりました。私は英語教育に興味がありましたので、いろいろ探していたところ、たまたま四条駅からすぐの「からすま京都ホテル」内に「京進の保育園HOPPA」を見つけました。ここはインターナショナルスクールではないのですが、English Timeがある保育園です。さらに外国人の先生がたくさんいるので、普通の時間でも英語で話されたりしているそうです。

 

さっそく見学に行ってみることにしました。見学の様子はまた次回に!

レスポンシブ

スポンサーリンク

レスポンシブ

スポンサーリンク

ブログ村、ランキング

★最後まで読んでくれてありがとうございます★

京都の情報ならこちら にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

楽天

-保育園・託児所

Copyright© 京都で子育て実況ブログ , 2018 AllRights Reserved.