泣く妻

レスポンシブ

スポンサーリンク

引っ越し

まさかの辞令が!転勤についていく?単身赴任してもらう?

投稿日:2016年10月11日 更新日:

東京、神奈川と基本的に関東圏で暮らしてきた私Riccoが京都へ引っ越し!

夫は転勤がないはずの職種・・・しかしGW直前に不穏な打診があったのでした。

自宅を新築し、障害のある義両親を引き取ろうと計画していた矢先に・・打診されても!一瞬頭が真っ白になり、とっても受け入れがたかったです。介護の事情については会社によく説明したのですが、どうしても・・ということで、とりあえず引っ越しをすることになりました。幸い、逼迫した状況ではなく義両親も納得してくださいました。

家を建てる(買う)と転勤になる。うちの夫に限ってはないと思っていたのですが・・・あるんですねぇ~。さらに、0歳の息子は第一希望の園に転園がめでたく決まったばかり!私の就職も決まったばかり!

全部捨てていくの?知らない土地に?せっかく入った保育園も辞めて?

 

その時の私の思考・・・

もう4月入園のタイミングが過ぎているので保育園に入れない→1歳児の入園は激戦→幼稚園に入るまでどっぷり子育て→幼稚園に入ってもフルタイム勤務は無理→もう何年も働けなくなる→考えただけでノイローゼ→やっぱり今から働きたい→でももう保育園には入れない・・・

この無限ループでした。

ここに残れば、息子は第一希望の園に入れて私は働くことができます。でも京都に行ってしまったら、もう保育園には入れず、両親のサポートも受けられず、仕事もできず・・孤立無援かつ逃げ場のない状況に追い込まれてしまう、と不安で頭がいっぱいでした。

それでも転勤についていくことを決めたのは、息子がパパを見るときの嬉しそうな表情!これだけです。息子はパパ大好きなのです。この二人を引き離すわけには・・。苦渋の決断でしたが、初の関西圏への引っ越しを決めたのでした。ついていくことを考えていると伝えたときの、夫の嬉しそうな表情を今もよく覚えています。夫もまた、息子ラブなので相当嬉しかったようです。

私はもともとバリバリ働いていた方で、妊娠して退職することになったときも「まさか!」という感じでした。でも、思いがけずなった専業主婦という時間の流れ方は私にとってとても新鮮で、人生を振り返ったときに「あの時は優雅なマタニティライフだったな~」と思えるような素敵な時間を過ごさせてもらいました。

今回も思いがけず関西で暮らすことになりましたが、きっと良い意味で流された先には何かが待っていると信じています。あとで「行ってよかった!」と思えるように、またゼロから生活を築いていきたいと思います。

レスポンシブ

スポンサーリンク

レスポンシブ

スポンサーリンク

ブログ村、ランキング

★最後まで読んでくれてありがとうございます★

京都の情報ならこちら にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

楽天

-引っ越し

Copyright© 京都で子育て実況ブログ , 2018 AllRights Reserved.